Reserve Rights Token (RSR) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥5.00
時価総額:
¥658.12億
時価総額ランク :
157位
24H取引量:
¥128.46億
24H変動額:
¥ +0.5319
24H変動率:
+11.90%

簡単にまとめると
[+ 編集]

  • リザーブは、分散投資と分散型ガバナンスを通じてリスクを軽減するように設計された安定したコインの柔軟なプールです。
  • あらゆる規模で経済的および法的に堅牢な安定した暗号通貨。分散型で、100%資産担保証券であり、シリコンバレーのトップ投資家によって資金提供されています。
  • リザーブは、インフレ率の高い国の人々や企業が、壊れた通貨から安定したデジタル通貨にお金を移動することでお金を保護することを可能にします。
  • リザーブは、国境を越えて送金することを費用効果的にします。これにより、人々は家族に送金でき、企業は国際的なサプライヤーに安定した通貨で支払うことができます。
  • リザーブを使用すると、企業は安定したデジタル通貨での支払いを受け入れることができ、インフレが発生しやすい現地通貨からお金を遠ざけながら、国際的なサプライヤーに簡単に支払うことができます。
  • 略称はRSRとなる。

何がすごいのか?
[+ 編集]

ステーブルコイン発行会社または信頼できるカストディアンによって管理される銀行口座に通常米ドル(USD)紐づかれている他のステーブルコインとは異なり、Reserveステーブルコインはスマートコントラクトによって管理される仮想通貨のバスケットによって支えられています。

このバスケットは最初は、USDコイン(USDC)、True USD(TUSD)、Paxos(PAX)を含むEthereumステーブルコイン資産で構成されていますが、将来的により多様なバスケットに移行する計画も進められています。最終的にフィアット通貨、証券、コモディティ、合成資産やデリバティブなどの複雑なアセットタイプが検討されています。

おそらく、Reserveの主な特徴は、RSVステーブルコインが米ドルとのペッグが失われた時に鋳造され、販売されるReserve Rightsトークンでしょう。RSRトークンを販売することによって生成された資金は、RSV担保プールを補充するために使用されますが、RSVが1ドルを超える場合、追加担保は流通市場からRSRを購入し焼却するのに使われ、供給を抑制します。

裁定取引者は、RSVが1.00ドルを超える場合、RSRを使用してReserveスマートコントラクトから1.00ドルでRSVを購入し、現在の市場価格で販売して差を利益として受け取ることで、このメカニズムから利益を得ることができます。このオプションは、RSR所有者のみが利用でき、現在RSRトークン保有を促す要因となっています。

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況

  • スター : 12
  • フォーク : 2
  • ウォッチャー : 9
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 1
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

Reserve RightsはNevin Freeman氏及びMatt Elderによって共同創設されました。Freeman氏はReserveの最高経営責任者(CEO)であり熟練した起業家でもあります。彼は自身の人生においての目標を、「人類がポテンシャルを発揮することを妨げる問題を解決することである」と述べています。

一方、Matt Elder氏は、以前はGoogle社とQuixey社で働いていた経験豊富なエンジニアであり、現在はプロジェクトのCTOとしてReserveプロトコル実装のアーキテクチャを監督しています。

2019年のローンチ以来、Reserveチームは大幅に成長し、現在では技術者、開発者、法務およびコンプライアンススタッフを含む数十人を超えるメンバーで構成されています。彼らは全員、Reserveをオープンでスケーラブルなステーブルコインとして位置づけ、経済を促進させるという共通の目標の下で活動しています。

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

公式情報

公式サイト : https://reserve.org/

Reserve Rights Tokenに設定されているタグ

この記事について