RSK Infrastructure Framework (RIF) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥25.96
時価総額:
¥200.99億
時価総額ランク :
299位
24H取引量:
¥1.89億
24H変動額:
¥ +0.4442
24H変動率:
+1.74%

簡単にまとめると
[+ 編集]

RIFトークン(RIF Token/通貨コード:RIF)は、ビットコインにサイドチェーン(メインチェーンとは異なる別チェーン)をつなげ、ビットコインでスマートコントラクトを使えるようにすることを目指しているスマートビットコインプラットフォームです。

仮想通貨プロジェクトRSKが発行するRIFトークンの上限発行枚数は1,000,000,000枚、1月30日付のCoinMarketCap時価総額ランキングで、時価総額5,251,886,725円、1RIF=9.40円で88位に入っています。

 

契約機能であるスマートコントラクトは、イーサリアムの要として知られていますが、ビットコインにはこの機能が備わっていません。

そこで、RSKがサイドチェーンを使って、ビットコインでもスマートコントラクトが使用できるようになると期待され、大きくランキングを挙げたトークンです。

昨年9月にRIFトークンの運営元であるRSKがスペインのSNS「Taringa」買収を発表され、多くのメディアが報じられたことで価格を大きく上昇させました。

このTaringaはスペイン最大のSNSとしてしられており、スペインではFacebook社のライバルとして多くの国民が利用しています。

仮想通貨×SNSの流れは昨年ごろより注目されており、LINEも昨年、LINEウォレットを誕生させたことで大きく注目されましたが、RSKがTaringaを買収した背景には、Taringaプラットフォーム上でRIFトークンを統合しようとする計画が浮上していることが要因ではないかとメディアでは報じています。

何がすごいのか?
[+ 編集]

RIF Tokenとは、仮想通貨プロジェクト「RSK Infrastructure Framework」が発行している独自トークン。

ビットコインにサイドチェーン(BTCのメインチェーンとは別のチェーン)をつなげることで、ビットコインで「スマートコントラクト」と「DApps(分散型アプリケーション)」を使えるようにします。

スマートコントラクト(契約機能)はイーサリアムの重要機能として知られていますが、ビットコインには装備されていません。

RIF Tokenの登場により、「ビットコインでもスマートコントラクトを使いたい」というニーズに対応できるようになると期待されています。

なお2018年にRSKは、投資家にRIFを販売し、1億5000万ドル(約157億円)の調達に成功しています。

どんな技術か?
[+ 編集]

RIFトークン(RIF Token)の特徴

RIFトークンは、トークン保有者がRIF OS アーキテクチャーに互換するサービスを消費するのを可能にする機能を有したERC677トークン標準です。

ERC20トークントランザクションは、2つの異なるトランザクションで、トークン契約で承認を呼び出してから、トークンを預けたい場合は他の契約でtransferFromを呼び出す必要があります。

しかし、ERC677はこの要件を簡素化し、同じ伝達関数を使用できるようにし、受信者がコントラクトまたはウォレットアドレスの場合、トークンコントラクトで転送関数を呼び出すことで送信できます。

その理由は、受信コントラクトに転送を通知する新しい方法があるからと公式サイトで解説されています。

RIFトークンはRSKスマート・プロトコルを採用していますが、その理由として4つの理由から採用されています。


ビットコインと調和を図るため

RSKではビットコインを高く評価すると同時にビットコインコミュニティを支援し、ビットコインのパイオニアの伝統を維持したいと考えています。

RSK スマート・プロトコルは、RBTC(1対1で BTC に固定)をガスとして使用し、ビットコイン・ネットワーク上で実行される双方向ペグのスマート・レイヤーに基づいています。

そのため、RSK スマート・プロトコルは、マイニングによって新規トークンを生み出すものではなく、あらかじめマイニングされたコインを保有するものでもなく、今後もそういった形を取るトークンではないとホワイトペーパーで主張しています。

このプロトコルに投機的な価値はなく、ビットコインとは競合しないため、より大きなビットコイン・コミュニティと完全に同調することを目的としています。


スケーラビリティ問題を重視

スケーリングは、日々の取引を実行できるだけの適切な取引コストを確保するうえで重要な側面になっています。

RSK スマート・プロトコルはビットコイン・ネットワークをはるかに超えたスケーリングを実行できる能力があることをすでに示しており、1秒当たりのトランザクション処理件数は最大100件とされています。

これはビットコイン・ネットワークの処理件数の20倍、イーサリアムブロックチェーンの通貨容量の少なくとも5倍に相当すると同時に、ストレージとバンド幅の使用量、またはそのいずれかも低下します。


即時決済を重要視

経済面で有意義な分散サービスを提供するためには、高い信頼性と安い手数料、高速決済システムを提示できることがとても重要で、これらはスケーリング問題を解消するだけで達成できます。

スケーラビリティ問題は、現在多くのブロックチェーンが経験している問題で、ビットコインライトニングネットワークやイーサリアムのレイデンなどが大きな注目をあびています。

そこでRSKでは、ライトニングのようなネットワークの独自バージョンに取り組み、Lumino 決

済プロトコル、RSK スマート・プロトコルの厳選されたパラメータと新たな論理プロトコル(DECOR+GHOSTなど)により、平均10~30秒間隔で新規ブロックを構築できます。

高速ブロック・インターバルによって、オフチェーン決済ネットワークで使用できるルートがない場合でも新たな決済チャンネルの動的構築を実現し、混雑していてもオフチェーン決済ネットワークのユーザー経験を充実させることが可能です。

現在RIFでは、Lumino 決済プロトコルのさらなる発展を支援し、最終的に RIFOS に統合することが提案されています。


DApp 開発者への提案

RIFが分散アプリケーションを提案している大きな理由の1つに、分散によりシステムの復元力と選択の自由を獲得できることが挙げられています。

安全で信頼性の高い方法によるソリューションの導入に関して、DApp 開発者が選べる代替の選択肢が非常に少ないのが現状です。

RSK スマート・プロトコルを基礎技術として使用することで、数少ない既存の DApp ネットワークに代わる信頼性の高いネットワークを構築し、エコシステム全体を支援する試みをしています。

開発者が選べるように強力なブロックチェーンと開発エコシステムがいくつか存在していれば、市場全体が改善されるという使命を持って提案していると述べています

開発状況 github logo

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

RIFトークン(RIF Token)の将来性

RIFトークンを支えるRIFは、ブロックチェーン技術をより簡単でより速く拡張性を持たせて、大規模採用の促進を目指していく事を目標に企業展開を図っています。

RIFサービスは開発者のグローバルコミュニティとブロックチェーン技術の相互作用を促進するように設計されてることから、今後さまざまなサービスがさらに登場するのではないかと期待されています。

しかし、現時点では時価総額ランニングで90位前後を推移していることから、居り知名度を挙げられるサービスやシステムの構築が急務とみられています。

 

今後、ブロックチェーンの大規模導入を可能にするため、インフラストラクチャーとサービスを提供することで、経済的に取り残されている人々の生活の変化と改善が将来性を大きく飛躍させる鍵と言えそうです

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

RSK Infrastructure Framework(RIF)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Binance 90.64%
Hotbit 4.76%
Kucoin 4.06%
Bithumb Global 0.55%

公式情報

RSK Infrastructure Frameworkに設定されているタグ

この記事について