SKALE (SKL) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥73.08
時価総額:
¥482.65億
時価総額ランク :
156位
24H取引量:
¥63.54億
24H変動額:
¥-2.63
24H変動率:
-3.48%

簡単にまとめると
[+ 編集]

SKL(SKALE Network)仮想通貨とは?特徴まとめ

SKL(SKALE Network)は、高い処理速度と低遅延を実現するElastic Sidechainを展開するための分散型クラウドを提供しています。

また、Ethereum Virtual Machine(EVM)と互換性があり、ネットワークサイズやトランザクション処理性能、ストレージ容量、強度なセキュリティ機能なども構築可能となっています。

チェーンのリソース構成はシームレスに変更できるため、トランザクションへの高負荷やストレージやセキュリティ上の懸念、およびその他のニーズに対して柔軟に対応することができるので「大規模な実働環境への最適なソリューションにもなり得る」のです。

SKALE Networkは、DeFiやゲーム、メディア、性能の高いアプリケーションといった高パフォーマンスが求められる場面においても、使いやすく整備されたリソースを提供することを目指にしています。

個人の開発者やベンダー、コンソーシアム、その他の組織は1つもしくは複数のサイドチェーンに対してSKALE Networkを活用することで、安全なトランザクション処理機能を使用することができます

何がすごいのか?
[+ 編集]

SKALEネットワーク、イーサリアムのスケーリングエコシステムに40社以上のパートナーを発表

SKALEネットワークのコアチームであるSKALE Labsは、SKALEイノベータープログラムに参加し、現在プラットフォーム上で構築中のdappsに加え、40以上の統合パートナーとバリデータを発表しました。これは、近年のネットワークローンチの一環として最も重要なエコシステムの発表の1つであり、SKALEがその一部であることを誇りに思うEthereum開発者エコシステムの重要性と強さを示しています。

SKALEは、将来を見据えたプロトコル設計の決定によって提供される利点を考えると、Ethereumのエコシステムの中で重要な要素です。主な特徴として、EVMとの互換性、Solidity言語の完全サポート、BLS署名、RRIベースのプール型セキュリティモデル、運用管理の多くがEthereumネットワーク上で実行されていることなどが挙げられます。この互換性とEthereumメインネットとの接続性の組み合わせは、dapp開発者、プロトコル設計者、その他の仮想通貨ベースのビルダーにとって、SKALEのハイスループット実行レイヤーとしての有効性を高めています。

SKALEメインネットのローンチからわずか1ヶ月後の今日、そして2年以上の歳月を経て、SKALEは主要なウォレットや認証プロバイダ、データストレージソリューション、データエクスプローラ、オラクル、バリデータ、ブロックチェーンAPIコネクタとの豊富な事前パッケージ化された統合セットを発表しました。このサポートにより、SKALEを使用して、Ethereumメインネットとのネイティブな共通性と接続性を利用しながら、ほぼゼロに近い学習曲線でdappsを構築して実行することが可能になります。

Ethereumは開発者の牽引力とエコシステムの統合という点で明らかに大きくリードしています。強力で包括的なエコシステムは分散型の世界では非常に重要であり、中央集権型の世界ではそう簡単に構築及び維持することはできません。オープンスタンダードが最も重要で、技術的に価値があり、パフォーマンスが高く、安全な技術等も重要になります。豊富なパートナーがいることは、Ethereum開発者コミュニティの長年の努力の証です。SKALEネットワークは、この幅広いコミュニティをサポートし、Ethereumスタック内での相互運用性からも利益を得られることに興味を持っています。

SKALEは、開発者に「Ethereum-as-a-service」の機能を提供し、それぞれがEthereumメインネットに接続され、互換性のある小規模、中規模、大規模なSKALEチェーンを実行する機能を提供します。各SKALEチェーンはEVMと完全に互換性があり、毎秒最大2,000トランザクションをサポートすることができ、作業時間を短縮し、運用コストを大幅に削減する事ができます。

Ethereumメインネットに根ざした高度なセキュリティモデルがSKALEのデザインの核となっています。Ethereumメインネット上で動作する25以上のスマートコントラクトのセットが、チェーンの作成、バリデータの登録、ノードの選択、ノードのローテーション、ステーク、バウンティの支払い、スラッシュなどのSKALEネットワークの機能をコントロールしています。さらに、このネットワークでは、SKALEチェーンにランダムに選択されて割り当てられたバリデータノードの大規模なプールを使用しており、共謀等の悪質な行為を防ぐために頻繁にローテーションが行われています。大幅なバリデータのステーク、分散型ネットワーク監視、インセンティブのある報酬システムにより、セキュリティモデルの保護がさらに強化されています。

SKALEのエコシステムパートナーは、Ethereumコミュニティにおける技術の成熟度と幅の拡大だけでなく、エンドユーザーによる分散型ソリューションの採用を加速させるという共通の課題にとっても非常に重要です。

どんな技術か?
[+ 編集]

SKALEエコシステムパートナー

バリデータ:

Figment Networks

Blockdaemon

Certus.One

NGC (Neo Global Capital)

Stakin

Bison Trails (開発中)

Blockware

Cypher Core

StakeWithUs

Ankr

Dokia Capital

Staked

Hashed

Chorus.One

Chainflow

ConsenSys Labs

Hashquark

Audit.One

01 Node

Anonstake

WolfEdge Capital

データ/エクスプローラー:

The Graph

Covalent

Bitquery

分散型ストレージ

(SKALEのネイティブストレージ機能を拡張)

Arweave

Guer

オラクル

Chainlink

Razor

開発者ツール

Remix

Web3Js

DappHero

Truffle

ブロックチェーンAPIコネクタ

Alethio

Infura

ウォレットと認証

Portis

Torus

Bitski

Fortmatic

Burner Wallet

プロトコル

Synthetix

Maker

Connext

Threefold

DApps

現在、50以上のDappsがSKALE上で構築中

開発状況 github logo

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

SKALEエコシステムパートナーの視点


「優れたユーザー体験は、Braintrustのすべての顧客にとって非常に重要であり、私たちはスマートコントラクトをどのように扱っていくかについて深く考えています。SKALEは、高騰しているEthereumの手数料を大幅に削減できるだけでなく、取引を迅速かつ効率的な処理を実現します。また、常にメインネット活動の浮き沈みに左右されないようにします。」

―Adam Jackson氏 Braintrust CEO

「ユーザーは、それがどのネットワーク上に構築されているのかに関係なく、ただ素晴らしい製品を使用したいと考えています。大半のネットワーク上でのやりとりは、すべて舞台裏で行われるべきです。私たちは、人々がどのようなプラットフォームやブロックチェーン上でも、優れたツールや製品を使用し、それらを早く実行できるようにするゲートウェイを提供するために努力しています。私たちは80以上のアプリケーションに力を与え、ユーザーが単一のアクセスプロバイダからこれらの異なるアプリケーションにアクセスできるシンプルなゲートウェイを構築しています。SKALEネットワークとPortis Walletには多くの共通点があります。私たちは両方とも、使いやすさ、セキュリティ、パフォーマンスを私たちの設計基準のトップに置くチームによって作成されています。」

―Scott Gralnick氏 Portis 共同創業者兼 ShapeShift グローバルパートナーシップ担当ディレクター

「Ethereum上でのトランザクション需要と手数料が上昇する中、分散型アプリケーションのスケーリングを支援するレイヤー2ソリューションの必要性は、これまでにないほど顕著になっています。私たちは、Ethereumと互換性があり、コスト効率が高く、パフォーマンスの高いサイドチェーンの運用を支援することで、SKALEのミッションをサポートできることに興奮しています。」

―Brian Fabian Crain氏 Chorus One CEO兼共同設立者

「バリデータとして、私たちは多くのネットワークと協力していますが、セキュリティモデルとインセンティブの仕組みをよく考えることの重要性を強調することはできません。理論的なモデル化はここまでしかできませんが、共謀や悪質な行為に対する実世界の保護をスケールアップして提供することができる実用的なソリューションは、この世代で成功し、世界を支配する程のdappsのパワーを最終的に提供することになるでしょう。」

―Konstantin Richter氏 Blockdaemo CEO兼創設者

「私たちは、SKALEのレイヤー2エコシステムにThe Graphを導入できることを嬉しく思っています。この統合により、SKALEチェーン上で構築する開発者は、高速で信頼性の高い、完全に分散化されたアプリケーションを構築するためのThe Graphにアクセスできるようになります。」

―Yaniv Tal氏 The Graph 共同創設者兼プロジェクトリーダー

「Arweaveのミッションは、その基礎となる技術と同様に重要です。それは、私たち全員が価値ある情報やアプリ、歴史を無期限に記憶し、保存できるようにすることです。歴史を保存することで、他の人が歴史を書き換えることを防ぐことができます。この目標は、集権型ウェブと同等かそれ以上のアプリケーションを持っている場合にのみ可能です。SKALEをArweaveと接続することで、開発者はインスピレーションを次の素晴らしいパーマウェブアプリに変えることが容易になります。」

―Sam Williams氏 Arweave 創設者兼CEO

「十数社以上のステーキングネットワークに携わってきた私たちの知識で、SKALEでの運用とチームとの連携は素晴らしい経験になったと自信を持って言えるでしょう。SKALEの報酬構造は、バリデータを念頭に置いて設計されており、ローンチを楽しみにしています。」

―Lorien Gabel氏 Figment Networks CEO

「Chainflowは、この1年間SKALEをサポートしてきたことに感動しています。SKALEの多様なバリデータセットの実現への献身と、バリデータフィードバックを実装するための思慮深いアプローチは、ネットワークの分散化された未来に希望を感じさせてくれます。私たちは、このプロジェクトに参加できることを嬉しく思います。」

―Chris Remus氏 Chainflow 創設者

「例えば、オラクルのような新しい技術を必要とする新しい用途は、エコシステムの中で場所を見つけ、SKALEはBLSのロールアップ、ランダム性のローテーションとインセンティブ、SGXのような最先端のブロックチェーン技術とアプローチを使用して、Ethereum上でのほぼ即時かつ低コストの取引を可能にしています。さらに良いことは、dappsの開発者は既存のツールを使用して、すぐにSKALEに移行することができます、余計な手間は何一つありません。私たちはあっという間にアプリケーションを展開し、このプラットフォーム上のdappsに私たちの分散型オラクルサービスを提供できることを誇りに思っています。」

―Hrishikesh Huilgolkar氏 Razor Oracle Network CEO

「SKALEの弾力性のあるブロックチェーンネットワーク、Ethereumのスケーラビリティ問題を解決するための革新的なアプローチ、エンドユーザーの体験に焦点を当てることで、SKALEはこの分野で最も注目のプロジェクトの1つとなっています。その高いスループット、超高速な作業時間、ほぼゼロに近い手数料で、より広いブロックチェーンの採用への道を切り開いています。私たちはSKALEがブロックチェーンのメインストリームになるのを楽しみにしています。」

―Ganesh Swami氏 Covalent CEO兼共同創業者

「SKALEは、ブロックチェーン業界のスケーリングソリューションを開拓しながら、EthereumとそのdApps開発者を次のレベルに引き上げるための役割として位置づけられています。この点で、ThreeFoldとSKALEは非常に相性が良いです。 SKALEのモジュラープロトコルとThreeFoldの分散型ストレージと計算するための普遍的な基板を組み合わせることで、開発者は高度にスケーラブルなdAppsを構築し、ソースに近く、費用対効果が高く、管理の負荷を削減できます。SKALEエコシステムとのコラボレーションを嬉しく思います。」

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

SKL(SKALE Network)仮想通貨チャートから見る今後の将来性

2020年価格推移4.13円~14.50円(1SKL)

SKL(SKALE Network)仮想通貨の今後の将来性は、セキュリティや分散性を犠牲にすることなく高処理能力と機能性を開発者に提供しているため活用範囲は無限大で有望なトークンです。

また、40を超えるエコシステムパートナーも存在しパートナシップの拡張も見られ人気の「DeFi・ゲーム・メディア広告・分散型コマース・IoTなど」への活用性も高いため現実世界への活用性も高く今後のパートナーシップの増加も見込まれます。

SKL(SKALE Network)仮想通貨の実用性も含めた総評は、大きな可能性を秘めた暗号通貨の中でも今後さらに注目されてくるであろう機能性を兼ね備えたシステムと拡張性・汎用性の高さから大きな可能性を秘めているトークンと言えそうです

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

SKALE(SKL)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Binance 73.01%
Huobi 20.38%
Uniswap V2 2.99%
CoinTiger 1.84%
MXC 1.76%

公式情報

SKALEに設定されているタグ

この記事について