スマートキャッシュ / SmartCash (SMART) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥0.31
時価総額:
¥7.13億
時価総額ランク :
336位
24H取引量:
¥1742.06万
24H変動額:
¥ +0.01
24H変動率:
+5.18%

コインチェック コインチェック

簡単にまとめると
[+ 編集]

-

SmartCashは、Keccakアルゴリズムに基づいたコミュニティガバナンス、協力&成長重視の暗号侵害です。チームはブロック報酬の80%をコミュニティプロジェクトだけでなくSmartCashの成長と発展にも活用しています。

※日本語字幕の表示方法: 設定⚙ → 字幕 → 自動翻訳 → "日本語"を選択

何がすごいのか?
[+ 編集]

SmartCashには、中央集権的なオフィスがありません。


ロゴマークの形もミツバチのコロニーをイメージしているように次々にミツバチの非中央集権的な自律的な分散コミュニティ形成がSmartCashの思想です。チームの多くのメンバーは、ブラジル、ウクライナ、メキシコ、ドイツ、オーストラリア、オランダ、カナダ、スイス、ベトナム、ギリシャ、英国、米国など、世界のさまざまな国に住んでいます。さらに、有用なメンバーであれば誰でもプロジェクトに参加し、プロジェクトを永続的に支援できます。


SmartCashでは、分散型ガバナンス体制を構築・維持するために、「SmartHive」と「Hive Structuring Teams(HST)」という2つの仕組みが導入されています。SmartHiveは、コインを保有している誰もが、コミュニティから提出された提案に投票することができる仕組みです。トップダウンではなくボトムアップで意見を反映できる直接民主制のようなイメージです。Hive Structuring Teams(HST)はプロジェクトが発展するためのフレームを中央集権的にしない仕組みです。Hive Structuringチームは、開発、アウトリーチ、サポートなど重要なプロジェクト分野をコアメンバーが担当していますが、8人以上メンバーが増えるとチームを再編成し、それぞれのチームが自律的に活動することで、プロジェクトの中央集権性が高くなることを防ぎます。(参考:SmartCash(スマートキャッシュ))

ユニークな機能が次々に開発されて実用化されています。

■SmartCash独自のWebウォレットには、様々な機能が備わっています。

・ATM Voucher:SMARTCASH対応の仮想通貨ATMで法定通貨に換金でき、国際送金が簡単に出来ます。(現時点の対応国:スイスとポルトガル)

・Scheduled Payments:指定した日に送金が出来きます。(給与払いやローン返済に利用出来るかもしれません)

・SmartReward:ブロック報酬の15%がSMARTCASH所有者に毎月分配されます。

・SmartPay:販売者向けのPOSアプリケーション

・SmartCard:アプリと物理カードでSmartCash払いを簡単に実施できる。


■サードパーティで作製された機能

・SmartTipBot:SNS上(Discord、Twitter、Twitchなど)でTipとして送信するが出来ます。

・SmartSend:電子メールとSMS(ショートメール)でSMARTCASHを送信するサービス


どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況 github logo

  • スター : 38
  • フォーク : 18
  • ウォッチャー : 16
  • イシュー : 4
  • コントリビューター : 11
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

メンバー一覧

名前 役職
Leandro Reinaux C++ Software Engineer
David Developer
Enrique Souza Developer
Cláusio Barbosa Developer
rc125 Developer

これまでの実績
[+ 編集]

最新ニュース

今後の将来性は?
[+ 編集]

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

SmartCash(SMART)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
HitBTC 88.38%
Exmo 9.13%
STEX 2.34%
Coinbene 0.15%
FINEXBOX 0%

公式情報

SmartCashに設定されているタグ

この記事について