Soarcoin (SOAR) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥0.0012
時価総額:
¥144.01万
時価総額ランク :
1823位
24H取引量:
¥121.47
24H変動額:
¥ +0.0000
24H変動率:
+0.00%

簡単にまとめると
[+ 編集]

SoarcoinはEthereumブロックチェーンに基づくERC20トークンです。

何がすごいのか?
[+ 編集]

SoarCoin(ソアコイン)は、モバイル決済やデビットカードの利用に焦点を当てた決済手段の利用に特化したプロジェクトです。

Ethereumをベースとして作られているのでスマートコントラクトを搭載しています。

SoarCoinのメインターゲットは小規模なビジネスを営んでいる人や、発展途上国の人々です。

開発陣がシンガポールやインドなどのアジア圏のメンバーで構成されていることからも、特に東南アジアを狙っていることがわかります。

日本などでは当たり前のことが東南アジアでは普及まだまだ普及しておらず、既存の経済システムではベネフィットを得られにくい人が多くいます。

こうした経済的弱者を救済するために動き出したのがSoarCoinです。


まず、東南アジアを始めとした発展途上国では、銀行口座を持っていない人たちが多くいます。

これは金融機関への信頼度が薄かったり、口座開設などの手数料が高額なことなどが理由で、利用したくてもできない人が多くいるからです。

そのため、せっかく稼いだ現金は自分で大切に保管する必要があり、常に盗難のリスクと隣り合わせでした。

個人と紐づけされた金融機関がないので、年金や保険のような保証制度も適用しづらい状態です。

政府や支援団体にとっては、金銭的な支援をしたくても1人1人に手渡ししなければならず広く平等に支援するのは難しい状況でした。

これらの問題は、SoarCoinを利用することですぐに解決することができます。

ブロックチェーン上で資産は安全に管理されるので盗難リスクがありません。

資産をデータ化できるので送金も簡単になります。

スマートフォンはかなり普及していますから、スマホ決済と連動することで入金や支払いもしやすくなります。

国外や遠方で出稼ぎしている人にとっては、すぐに家族のもとに届けられますし手数料を安く抑えられるため必要なときにこまめに送りやすくなります。

SoarCoinが銀行の役割を持つことになるので企業や支援団体が個人に支援しやすくなり、ユーザーの生活保障にもつながります。


どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

メンバー一覧

名前 役職
Seth Lim CEO & Сo-founder
Neo Wen Yuan Co-Founder & CTO
Wayne Wilson CFO

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

同じようなプロジェクトとして日本でも知名度のあるOmiseGOがあります。

東南アジアに焦点を当てていることも同じで、若干OmiseGOの方が進んでいる印象があります。

また、上場先がLivecoionのみのため、上昇するには大手取引所への上場が必要です。

これからのプロジェクトの発展次第では上昇する可能性もありますが、現状の期待はかなり低いです。

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

公式情報

Soarcoinに設定されているタグ

この記事について