Solana (SOL) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥3760.06
時価総額:
¥1.02兆
時価総額ランク :
14位
24H取引量:
¥579.14億
24H変動額:
¥ +117.09
24H変動率:
+3.21%

簡単にまとめると
[+ 編集]

  • Solana(ソラナ)とは、数々のパブリックチェーンをサポートすることを目的とした、パブリックチェーンプラットフォーム
  • 高度な取引処理速度とスケーラビリティ、そして手数料が低いことが特徴のレイヤー1ブロックチェーン
  • ソラナ上で使われるトークンがSOL(ソル)
  • 2017年後半に元Qualcomm、Intel、Dropboxのエンジニアによって設立されたSolanaは、分散化やセキュリティを犠牲にすることなくスケーラビリティを提供することに重点を置いた、シングルチェーンの委任型プルーフオブステークプロトコルです。
  • 暗号資産(仮想通貨)取引所FTXの分散型取引所Serumなどに採用されているソラナは、イーサリアムとソラナを相互に接続するブリッジ「Wormhole」を発表した。これによりイーサリアムのトランザクション処理速度があがり、またコストが下がる。
  • 通貨単位はSOLとなる

何がすごいのか?
[+ 編集]

  • とても速い処理性能。秒間で5万トランザクションを実行できるとされる。ビットコインは毎秒6~7トランザクション、速いリップルでも毎秒4,000トランザクションなので、ソラナの速さがずば抜けていることが分かるだろう。
  • イーサリアムなどの他の仮想通貨では、スケーラビリティの問題を解決するために一部の取引をレイヤー2(ブロックチェーン外)で行っているが、ソラナはその処理速度や低コストで、全ての取引をレイヤー1(ブロックチェーン内)で完了さることができる。
  • ソラナのスケーリングソリューションの中核となるのは、Proof-of-History(PoH)という名前の分散型クロックであり、単一の信頼できる時間ソースがない分散ネットワークの時間の問題を解決するために構築されてる。
  • 検証可能な遅延関数を使用することにより、PoHは各ノードがSHA256計算でタイムスタンプをローカルに生成できるようにしている。これにより、ネットワーク全体でタイムスタンプをブロードキャストする必要がなくなり、ネットワーク全体の効率が向上する。
  • ソラナ以前のブロックチェーンは互換性がないが、ソラナは他のブロックチェーンと連携し互換性を持つことができる。これにより、他のブロックチェーンはソラナ上で取引をすることが可能となり、その処理スピードを上げることができる。

どんな技術か?
[+ 編集]

  • コンセンサスアルゴリズムはProof of History

開発状況 github logo

  • スター : 2792
  • フォーク : 590
  • ウォッチャー : 135
  • イシュー : 3048
  • コントリビューター : 158
  • 1ヶ月のコミット : 378

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

Solana(SOL)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Binance 64.03%
Coinbase Pro 11.55%
FTX (Spot) 9.26%
Binance US 6.43%
Huobi 3.59%

公式情報

Solanaに設定されているタグ

この記事について