Swipe (SXP) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥256.65
時価総額:
¥494.94億
時価総額ランク :
211位
24H取引量:
¥75.37億
24H変動額:
¥ +2.22
24H変動率:
+0.87%

簡単にまとめると
[+ 編集]

  • Swipe(スワイプ)とは、仮想通貨での支払い(仮想通貨決済)サービスを提供するプロジェクト。
  • 具体的には、ネイティブトークンであるSXPを利用したグローバルペイメントカードを作成するように設計されたAPIを使用し、法定通貨と暗号通貨の世界の間の架け橋を形成するプラットフォーム。 スワイプは、Uniswap、SushiSwap、およびTHORchainによってフォークされており、Swipechainを搭載した自動マーケットメーカーであるSwipeSwapと呼ばれるオンチェーン製品がある。 このエコシステムは、スワイプネットワークの燃料として機能するスワイプトークン(SXP)を利用しており、取引手数料の支払い、およびボンディングとガバナンスによるスワイプチェーンの保護に使用される。
  • 通貨単位はSXPとなる。

何がすごいのか?
[+ 編集]

スワイプは現在、世界最大のデジタル資産取引所であるBinanceとFTXに電力を供給し、スワイプAPIを介して世界最大の決済ネットワークであるVisaに接続している。 Swipe APIを使用すると、POSまたはeコマーストランザクションでデビットカードをスワイプするだけで、リアルタイムの暗号通貨から法定通貨への変換が可能。これにより、スワイプはクライアントに摩擦のないユーザーエクスペリエンスを提供出来る。 また、Swipe APIには、カード所有者が参加小売店で最大30%の収益を得ることができるカードリンクオファーキャッシュバックネットワークであるSwipeRewardsがバンドルされている。

 

Swipeウォレット

仮想通貨の支払い、受け取り、保存ができる電子財布のこと。

スワイプでは、決済に適したシンプルなウォレットを用意することで、(投資家ではない)買い物をする一般ユーザーでも簡単に仮想通貨を使って送金することが可能になる。

 

デビットカード

スワイプは、国際ブランドのVisaに対応するデビッドカードを提供している。

利用者はスワイプのトークンであるSXPを使って支払い、店舗側は法定通貨で受け取ることができる仕組みになっている。

このカードはすでにEU圏内で使える状態にあり、無数のVisa対応店舗でSXPを使って買い物が可能。

 

スワイプトークン(SXP)

SXPはスワイプの独自トークンで、決済に利用する。

またスワイプネットワークの利用手数料(Gas)としても使えるほか、一定の枚数を保有することで特別割引でサービスを利用することも可能。

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況 github logo

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

スワイプは、初期のビットコイン投資家であり、スタートアップビジネスで豊富な経験を持つJoselito Lizarondo(ホセリート・リザロンド)によって設立された。リゾランドは現在、プラットフォームのCEOを務めている。

 

2020年7月、スワイプが世界有数のデジタル資産取引所の1つであるBinanceに非公開の金額で買収されたことが発表された。

これまでの実績
[+ 編集]

  • 2020/7 Binanceがデジタルウォレット事業および暗号資産デビットカード事業を行うSwipeを買収

今後の将来性は?
[+ 編集]

Swipeはバイナンスが買収済み

2020年7月、世界最大の仮想通貨取引所であるバイナンスは、過半数の株式を取得し、Swipeを買収したことを発表。

バイナンスのCEOであるCZ氏は、仮想通貨に詳しくない一般ユーザーにとって、より仮想通貨を使いやすくすることを目指しています。

その一環として、「仮想通貨→法定通貨」への交換や、買い物が簡単にできることも重要。

今後、Swipeの技術を用いて、そうした環境を整備していくものと考えられます。



議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

Swipe(SXP)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Binance 74.88%
P2PB2B 14.63%
FTX (Spot) 6.59%
Kucoin 2.08%
Bitvavo 1.16%

公式情報

Swipeに設定されているタグ

この記事について