Tenset (10SET) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥254.63
時価総額:
¥217.49億
時価総額ランク :
201位
24H取引量:
¥5.90億
24H変動額:
¥ +34.81
24H変動率:
+15.84%

簡単にまとめると
[+ 編集]

テンセットは、伝統的な株式市場と仮想通貨市場の間の橋渡しをすることで、仮想通貨市場に変化の起爆剤を投下しようとしています。

その目的は、従来の株式投資家を仮想通貨市場に連れてくることで、高い取引量を生み出すことで、テンセットの投資家がより多くの利益を得るためです。

また、テンセットはイーサリアム上のプロジェクトになります。

2021年5月時点では非上場となります。

何がすごいのか?
[+ 編集]

ステーキング

ステーキングの10setはRSIメカニズムを通じて稼働します。トークンはロックされません。トークンはERC-20のウォレットに対応します。ステーキングはいつでも誰でも参加することができます。これにより不労所得を生み出し、10setトークンの市場流通量を減少させ、ガチホを奨励します。

デフレ

我々のスマートコントラクトは2%の手数料をそれぞれの取引に追加し、分割します。- 1%手数料を10setユーザーに対して均等に分割し、そうすることでガチホを奨励します。- 1%は、10set全体の流通を減らすために自動的にバーンされます。

210万枚まではバーンが継続される

スマートバッキング

それぞれのトークンは様々な暗号通貨によってされ、ステーキング、ローン、預金を通じて不労所得を生み出します。会社の利益の一部は取引から10set トークンを買い戻すために使われます。それによりトークンは価格を引き上げ、デフレーションを生み出すためのバーンとなります。

ローンチプラットフォーム

テンセット・ジェムズ・ローンチプラットフォームはさらなるデフレを創出し、買い戻しを促進させ、テンセット保有者が享受する恩恵を最大化させるものです。 私たちの信用のあるローンチシステム、マーケティングのノウハウ、そして厳しいプロジェクト選考を通過した成功可能性の高いプロダクトのみを扱うことにより、投資してくださる皆様に一段階上の保護を実現しています。

どんな技術か?
[+ 編集]

テンセット(10set)は、暗号通貨イーサリアム(ERC20)に基づくETF2.0プロジェクトです。それは、暗号通貨と伝統的な投資セクターの両方で、複数のプロジェクトを表す単一のテンセット資産にお金を入れることによって、その保有者が高くて安定した投資収益を得ることができるよにします。

 

プロジェクトの10setトークンの拡張と開発は、3つの実装フェーズで計画されています。

 

・フェーズ1

 TENSET Network の立ち上げ

 

・フェーズ2

 TENSET 暗号資産の選択

 

・フェーズ3

 TENSETと株式市場の架け橋

 

各フェーズは、トークンの特性に付加価値をもたらし、会社に資金を提供するさまざまな手段を提供し、投資家にさらに利益をもたらします。会社の利益の大部分は、取引所から10setのトークンを購入し、それらを燃やして全体的な流通を減らし、10setの経済全体を後押しするために使用されます。 

開発状況

  • スター : 11
  • フォーク : 1
  • ウォッチャー : 5
  • イシュー : 3
  • コントリビューター : 1
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

アルバニアのTENSET社

これまでの実績
[+ 編集]

・3月31日にuniswapへ上場、一時は¥465まで上昇して取引されていた

・2021年5月31日にGate.ioで取引が開始

・2021年7月よりTenset Gem Launch Platform始動。

・2021年8月3日にPancakeSwapへ上場

今後の将来性は?
[+ 編集]

・何が凄いのかに記載されている通り、2%の手数料をそれぞれの取引に追加し分割。1%手数料を10setユーザーに対して均等に分割。1%は10set全体の流通を減らすために自動的にバーンされます。

・また210万枚まではバーンが継続とされている

・これが本当に実現すれば将来的な価格はとんでもない事になるとは思うが、持ってるだけで取引手数料が少しずつでも入ってくるのであれば最終的には取引する人が居なくなり一定の価格から上昇は望めなくなりそうだが、その辺を開発はどの様に回避するか考えてるのか疑問な点が不安材料。逆に言えばこの問題を回避出来るのであればターゲットされているマーケットを考えると、月まで行く可能性は十分に有りそう。

議論になっていること
[+ 編集]

2021年3月から取引が開始され、わずか2か月余りでホルダー数が2万人に達したが、5月中旬以降仮想通貨市場の地合いの悪さと、それに伴うマーケティングの調整により、7月末現在でホルダー数が2万3千人と伸び悩んでいる。

今後はTENSET社の新たなマーケチング戦略と、新たな取引所への新規上場によりホルダー数の増加が見込まれている。

次にみるべき記事
[+ 編集]

公式情報

公式サイト : https://tenset.io/

Tensetに設定されているタグ

この記事について