Tenset (10SET) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥269.03
時価総額:
¥0.00
時価総額ランク :
-
24H取引量:
¥1.85億
24H変動額:
¥ +38.90
24H変動率:
+16.91%

簡単にまとめると
[+ 編集]

テンセットは、伝統的な株式市場と仮想通貨市場の間の橋渡しをすることで、仮想通貨市場に変化の起爆剤を投下しようとしています。

その目的は、従来の株式投資家を仮想通貨市場に連れてくることで、高い取引量を生み出すことで、テンセットの投資家がより多くの利益を得るためです。

何がすごいのか?
[+ 編集]

ステーキング

ステーキングの10setはRSIメカニズムを通じて稼働します。トークンはロックされません。トークンはERC-20のウォレットに対応します。ステーキングはいつでも誰でも参加することができます。これにより不労所得を生み出し、10setトークンの市場流通量を減少させ、ガチホを奨励します。

デフレ

我々のスマートコントラクトは2%の手数料をそれぞれの取引に追加し、分割します。- 1%手数料を10setユーザーに対して均等に分割し、そうすることでガチホを奨励します。- 1%は、10set全体の流通を減らすために自動的にバーンされます。

210万枚まではバーンが継続される

スマートバッキング

それぞれのトークンは様々な暗号通貨によってされ、ステーキング、ローン、預金を通じて不労所得を生み出します。会社の利益の一部は取引から10set トークンを買い戻すために使われます。それによりトークンは価格を引き上げ、デフレーションを生み出すためのバーンとなります。

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況

  • スター : 2
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 1
  • イシュー : 2
  • コントリビューター : 1
  • 1ヶ月のコミット : 1

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

これまでの実績
[+ 編集]

・3月31日にuniswapへ上場、一時は¥465まで上昇して取引されていた

今後の将来性は?
[+ 編集]

・何が凄いのかに記載されている通り、2%の手数料をそれぞれの取引に追加し分割。1%手数料を10setユーザーに対して均等に分割。1%は10set全体の流通を減らすために自動的にバーンされます。

・また210万枚まではバーンが継続とされている

・これが本当に実現すれば将来的な価格はとんでもない事になるとは思うが、持ってるだけで取引手数料が少しずつでも入ってくるのであれば最終的には取引する人が居なくなり一定の価格から上昇は望めなくなりそうだが、その辺を開発はどの様に回避するか考えてるのか疑問な点が不安材料。逆に言えばこの問題を回避出来るのであればターゲットされているマーケットを考えると、月まで行く可能性は十分に有りそう。

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

公式情報

公式サイト : https://tenset.io/

Tensetに設定されているタグ

この記事について