ティゾス / Tezos (XTZ) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥207.10
時価総額:
¥1869.08億
時価総額ランク :
43位
24H取引量:
¥36.70億
24H変動額:
¥-0.4670
24H変動率:
-0.23%

簡単にまとめると
[+ 編集]

  • Tezosは取引を管理するコードの正確性を数学的に証明し、最も機密に財務的に重視されるスマート契約のセキュリティを高める正式な検証を容易にする。
  • 利害関係者がネットワーク上に自動的に展開されるプロトコルのアップグレードを承認するためのガバナンスルールを作成することによって、ガバナンスとは根本的に異なるアプローチを採用している。
  • 開発者は、プロトコルのアップグレードを提案する際に、承認後にアップグレードの対象となるインボイスを自分のアドレスに支払うことができます。このアプローチは、Tezosコア開発に参加する強いインセンティブを提供し、さらにネットワークのメンテナンスを分散化します。企業のスポンサーシップ、基礎給与、またはインターネットの名声のためだけに働くことを強いられているのではなく、すぐに価値のあるトークンを開発者に提供します。
  • 先物の購入者だけがそれらを売ることができます。これは、ショート・セリングを可能にする市場によって決定される価格よりも、価格がかなり高い可能性があることを意味します。
  • 略称はXTZとなる。

自己修正機能

  • ホルダーが改正提案に対して投票し、コンセンサスに達することでハードフォークすることなく自己アップグレードすることが可能なブロックチェーンである。また、Tezosはスマートコントラクトをサポートしており、DAppsを構築するためのプラットフォームを提供している。


オンチェーンガバナンス

  • すべてのホルダーはプロトコル管理に参加することができる。投票サイクルは利害関係社による提案の改正に関する体系的な手順を持って行われる。


スマートコントラクトとフォーマル検証

  • Tezosはスマートコントラクトを第三者によって検閲・停止できないDAppを構築するプラットフォームを提供する。更に、フォーマル検証を行うことでプログラムを数学的に検証し、セキュリティを向上させる。

※日本語字幕の表示方法: 設定⚙ → 字幕 → 自動翻訳 → "日本語"を選択

何がすごいのか?
[+ 編集]

  • ネットワークプロトコル、トランザクションプロトコル、コンセンサスプロトコルがそれぞれ独立している。
  • ハードフォークすることなくアップデートすることが可能である。
  •  フォーマル検証により、開発者は数学的にプロトコルが正しいかどうかを検証することができる。

どんな技術か?
[+ 編集]

LPoSを採用

テゾスのコンセンサスアルゴリズムはLPoS(Liquid Proof of Stake)を採用しています。ブロック承認者はテゾス(XTZ)の保有者からランダムで選択される他、承認者がその権限を譲渡することもできます。つまり、ある程度テゾスを保有しておけばブロックの生成権が与えられるということです。

ブロックを生成することで成功報酬を獲得できますが、ハードウェアを含む色々な条件が必要なので、一般的な個人投資家は他のマイナーに承認権を委任することが可能となっています。


ベーカーという存在

テゾスのネットワーク上では、「ベーキング」というプロセスがあり、これはテゾスの取引記録を承認する作業を指しています。ベーキングを行うXTZ保有者は「ベーカー」と呼ばれ、ベーカーになるには10,000 XTZ以上を保有しないといけないという条件があります。10,000 XTZを保有していない場合は、他者に委任する形でベーキングに参加することが可能です。

PoSにおけるセキュリティデポジット(保証金)は、コンセンサスの過程に参加し、インフラ(物価上昇)の影響を回避することが必須です。PoWにあるように、コンセンサスプロトコルはセキィリティが公正な多数派によって決められ、テゾスプロトコルで奨励され、不正の行為にはペナルティを公正な行為には報酬を与えます。

かりに参加者が不正を犯したとすれば、保証金はなくなります。コンセンサスに参加を望まないユーザーは、他のユーザーに権利を委任する選択権があります。


ハードフォークの必要がない

テゾスの特徴は、ネットワークを2 つの異なるブロックチェーンにフォークさせることなく自身をアップグレードできる自己改訂機能を備えている点です。また、オンチェーンガバナンスにより、コミュニティ内の対立により分裂するといった別のリスクも抑制しています。これらにより、コミュニティ内での意見対立により開発者コミュニティが分裂するといった事態が発生せず開発リソースが分散しないため、安定した運営を行うことができます。



開発状況 github logo

  • スター : 261
  • フォーク : 129
  • ウォッチャー : 261
  • イシュー : 576
  • コントリビューター : 47
  • 1ヶ月のコミット : 180

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

メンバー一覧

名前 役職
Zooko Wilcox Advisor
Arthur Breitman CEO & Co-Founder
Kathleen Breitman CEO & Co-Founder
Vincent Bernardoff Team Member
Bozman Çağdaş Team Member

これまでの実績
[+ 編集]

フランス自治体、テゾス(XTZ)ブロックチェーンを用いた投票実施

  • 2017年2月 Alphanet(アルファネット)
  • 2018年6月 Betanet(ベータネット)
  • 2018年7月 ローンチ
  • 2018年9月 Mainnet(メインネット)
  • 2020年9月 フランスの中央銀行デジタル通貨「CBDC」の実証実験に採用

今後の将来性は?
[+ 編集]

GMOコイン:販売所で「テゾス(Tezos/XTZ)」取扱い開始

 

 

DeFi分野でのEthereumに追いつく可能性が充分にあり、

2021年9月現在、135以上ののプロジェクトとdAppの開発が

進んでいます。

スイスの暗号通貨会社もTezosと協力して、ブロックチェーン上で

株のようなトークン化された資産を立ち上げています。

競争の激しい環境化で、短期的な後退はあっても

長期的には明るい展開も見えてくるように見えます。

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

Tezos(XTZ)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Binance 21.5%
OKX 17.22%
HitBTC 9.96%
Coinbase 6.31%
AscendEX (BitMax) 5.76%

公式情報

Tezosに設定されているタグ

この記事について