4thpillar technologies (FOUR) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥1.71
時価総額:
¥2.62億
時価総額ランク :
1797位
24H取引量:
¥16.66万
24H変動額:
¥-0.0741
24H変動率:
-4.16%

簡単にまとめると
[+ 編集]

相互運用可能

欧州のブロックチェーンサービスに沿った法的、ガバナンス、および技術的な相互運用性グローバルなユーザビリティを備えたインフラストラクチャ。

ブロックチェーンイノベーティブ

スケーラブルで相互運用可能なマルチブロックチェーン電子データ交換、ドキュメント公証、デジタルIDソリューション。

安全で不変

高度な暗号化標準(つまりAES)を利用し、RSA暗号化とセキュアハッシュアルゴリズム256(つまり、SHA 256)を組み合わせて、不変のブロックチェーン電子データとドキュメント交換を保護します。

マルチチェーン展開

マルチチェーン展開により、4thtechは、相互運用性の観点から、またはトランザクションのコストや速度の観点から、選択できるさまざまなオプションを提供します。

経済性が証明されている

2つの経済モデル。(1)さまざまなTierオプションと固定トランザクションコストに基づくサブスクリプションプライベートチェーン。(2)完全な透明性を備えたトランザクションパブリックチェーンですが、トランザクションコストは変動します。

GDPR準拠

  • 個人データはブロックチェーンに保存されませんが、オフチェーンに存在します。4thtechプロトコルは、暗号化されたファイルへのリンクと暗号化されたコンテンツのハッシュをブロックチェーンに記録します。
  • 略称はFOURとなる。

何がすごいのか?
[+ 編集]

プロジェクトの概要

2017年、4thtechはDLTソリューションを提案し、後に開発しました。これは、ブロックチェーンによって提供される信頼を活用して、安全で不変の即時の国境を越えた電子データとドキュメント交換、およびeDelivery(つまり、FOURdx)を提供します。その後、デジタルIDメカニズム(つまりFOURid)が続き、X.509 EU証明書標準の助けを借りて、ブロックチェーンウォレットと人との間の接続を検証できます。公証サービス(つまりFOURns)も4thtechエコシステムの重要な部分であり、独自のデジタルドキュメントのタイムスタンプと信頼性の検証を提供します。

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

4thpillar technologies(FOUR)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Hotbit 86.18%
Uniswap V2 13.82%

公式情報

4thpillar technologiesに設定されているタグ

この記事について