The Smokehouse Finance (SMOKE) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥0.2352
時価総額:
¥0.0000
時価総額ランク :
-
24H取引量:
¥119.11
24H変動額:
¥ +0.0000
24H変動率:
+0.00%

簡単にまとめると
[+ 編集]

The Smokehouse(SMOKE)とは

Binance Smart Chain上で「超高利回り」かつ「高いセキュリティ」を両立しながらイールドファーミングができる環境を提供しているプロジェクト。

何がすごいのか?
[+ 編集]

The Smokehouseを使うと、高利回りでイールドファーミングをすることができます。

イールドファーミングとは、仮想通貨を交換できる自動マーケットメーカー(AMM)や、仮想通貨を借りたい人と貸したい人をマッチングさせる仮想通貨レンディングサービスに仮想通貨を預けることで、利息収入を得る運用方法。

たとえば、AMMが徴収した取引手数料は、流動性を提供している(仮想通貨を預け入れた)人のイールドファーミングの収益となります。

イールドファーミングという仕組みは少し前からありましたが、あくまで中心だったのはイーサリアム系のイールドファーミングですよね。

一方のThe Smokehouseは、2020年の後半からイーサリアムに代わるチェーンとして急速に注目を集めている、Binance Smart Chain上でイールドファーミングが可能なのが特徴

どんな技術か?
[+ 編集]

The Smokehouse(SMOKE)とは

Binance Smart Chain上で「超高利回り」かつ「高いセキュリティ」を両立しながらイールドファーミングができる環境を提供しているプロジェクト。

2021年2月現在、Binance Smart Chainを使ったイールドファーミングが盛り上がっています。

ただし、イールドファーミングができるDeFi(分散型金融)プロジェクトの多くは黎明期にあり、監査(外部からのセキュリティチェック)が不十分であるため、仮想通貨がハッキングされるケースが相次いでいます。

そこでThe Smokehouseは「信頼できるチーム」が開発するとともに「監査」を徹底し、安心してイールドファーミングができる環境の提供を目指しています。

なお、The Smokehouseの収益の10%は、開発側に回る仕組みになっていると説明されています。


イールドファーミングとは

The Smokehouseを使うと、高利回りでイールドファーミングをすることができます。

イールドファーミングとは、仮想通貨を交換できる自動マーケットメーカー(AMM)や、仮想通貨を借りたい人と貸したい人をマッチングさせる仮想通貨レンディングサービスに仮想通貨を預けることで、利息収入を得る運用方法。

たとえば、AMMが徴収した取引手数料は、流動性を提供している(仮想通貨を預け入れた)人のイールドファーミングの収益となります。

イールドファーミングという仕組みは少し前からありましたが、あくまで中心だったのはイーサリアム系のイールドファーミングですよね。

一方のThe Smokehouseは、2020年の後半からイーサリアムに代わるチェーンとして急速に注目を集めている、Binance Smart Chain上でイールドファーミングが可能なのが特徴です。


開発状況

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

The Smokehouseは超高利回り

The Smokehouseは、「高利回り」なイールドファーミングが特徴。

なんと2021年2月現在、公式サイトによると、30日の利回りが5000%を超えるイールドファームが提供されています。


The Smokehouseはセキュリティを重視

上述したように、The Smokehouseはリリース時から「高利回り」とあわせて「セキュリティ」に注力することを明言しています。

The Smokehouseの公式ブログによると、セキュリティを維持するため、仮想通貨のシステム(スマートコントラクト)の監査を実施する予定とのこと。

ただし、記事執筆時点のThe Smokehouseはベータ版であり、正式版ではありません。

そのため、まだ監査は受けていない点には注意しましょう。

類似のプロジェクトでは、監査を受けていないケースがほとんどです。


Binance Smart Chainでイールドファーミング可能

The Smokehouseの将来性を考える上で、Binance Smart Chainでイールドファーミングができる点は無視できません。

これまで「イールドファーミングといえばイーサリアム」といった状況でしたが、最近Binance Smart Chain上でイールドファーミングできるAMMが乱立し始めています。

その背景には、「トランザクション(取引)手数料が圧倒的に安くなる」ことがあります。

2020年2月現在、イーサリアムの高騰により、イーサリアム系のトークンを送付する手数料が異常なほど高騰中。

そんな中、Binance Smart Chainはほとんど無料でトークンを送金できてしまうんですね。

イーサリアムの手数料高騰が続く限り、ユーザーはBinance Smart Chainに流れ続けると考えられます。

同じくBinance Smart Chain上でのイールドファーミングを提供しているPancakeSwapやBakeryTokenとともに、The Smokehouseも短期的に急成長する可能性は高いでしょう。

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

公式情報

公式サイト : https://thesmokehouse.finance/

The Smokehouse Financeに設定されているタグ

この記事について