Theta Fuel (TFUEL) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥32.74
時価総額:
¥1784.13億
時価総額ランク :
85位
24H取引量:
¥31.18億
24H変動額:
¥-0.2262
24H変動率:
-0.69%

簡単にまとめると
[+ 編集]

  • 動画配信ブロックチェーンプラットフォームで使用される仮想通貨。
  • 分散型のビデオストリーミング。
  • 分散型にすることで高価なインフラストラクチャを必要としないため、動画配信者は最大限の利益を得られる様になる。
  • 視聴者も動画を見ることでTFUELを稼ぐことができる。
  • 獲得したトークンは、同プラットフォーム上で、配信者への投げ銭や商品購入等で使用が可能。
  • 通貨単位はTFUEL。正式名称は「THETA FUEL」である。
  • Theta Fuel(シータフューエル)とは、ブロックチェーン動画配信ネットワークを提供する仮想通貨プロジェクトである「Theta Nework」の独自トークンのひとつ。Theta Neworkとは、これから盛り上がる「eスポーツ」や「ゲーム」の配信プラットフォームである。
  • Theta Neworkは、分散ストリーミングネットワーク(DSN)と呼ばれる、非中央集権的な(特定の管理者が存在しない)ストリーミングサービスで、Theta Networkには、代表的なトークンである「THETA」と、この記事で解説中のトークン「TFUEL」の2つがある。それぞれの役割は、THETA:Theta Networkの非中央集権的な仕組みを管理するため仕組み(バリデータ)に必要なトークン。TFUEL:バリデータへの報酬の支払いに使われるトークン。
  • Theta Neworkは、非中央集権的なストリーミングサービスのため、PCのリソースや帯域については特定の企業による管理はなく、皆で出し合うことで実現しており、TFUELにてそのインセンティブが支払われる。また、TFUELにはTheta Networkの「利用料金」という側面もある。その他、スマートコントラクトを使った決済の手数料や、コンテンツのやり取りで生じる手数料として使うことができます。

 


※日本語字幕の表示方法: 設定⚙ → 字幕 → 自動翻訳 → "日本語"を選択

何がすごいのか?
[+ 編集]

  • THETA(シータ)の主な使用例は、ビデオストリーミング、データ配信、エッジコンピューティングの分散化であり、業界の参加者にとってより効率的で費用効果が高く、公平。ネットワークはネイティブブロックチェーン上で実行され、シータとシータフューエル(TFUEL)として知られる2つのネイティブトークンが内部経済を支えている。
  • シータの魅力は3つ。1.視聴者はより高品質のストリーミングサービスを利用でき、2.コンテンツクリエーターは収益を向上させられ、3.仲介者(ビデオプラットフォーム)はインフラストラクチャの構築にかかる費用を節約し広告やサブスクリプションの収益を増やすことができる。
  • 報酬はTFUELトークンの形で提供されるため、ユーザーはネットワークコンテンツの視聴とネットワークリソースの共有の両方を行うインセンティブを持つ。
  • プラットフォームはオープンソースであり、トークン所有者は、多くのプルーフオブステーク(PoS)ベースのブロックチェーンエコシステムと同様にガバナンス力を受け取ることになる。
  •  シータは、ビデオ、データ、コンピューティングに加えて、フル機能のEVM互換スマートコントラクトプラットフォームでDeFiやNFTなどの分散型アプリケーション(DApp)を起動しようとしている開発者に対応している。

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況 github logo

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

動画市場は成長が見込まれる

  • LINEやGoogleなどの大手企業との提携を実現している。
  • 非中央集権的な動画サービスにはメリットが多い。
  • 基本的には、Theta Fuel(TFUEL)の将来性も同じように考えることができる。
  • 付け加えて、Theta Fuelの将来性に限定した場合、以下のような点があげられる。

 

Theta Fuelは「利用量」に比例して上昇する?

  • THETAとTFUELの2つのトークンはともに、Theta Networkのプロジェクトが成長するほど上昇しやすくなりる。ただし、Theta Fuel(TFUEL)については、利用量(つまり実需と言い換えられる)が増加するほど上昇要因になりやすくなりる。その理由は、TFUELは動画コンテンツのやり取りで必要となる利用料金や、決済の手数料という側面があるからである。では、Theta Networkの利用量は今後、伸びるのか?未来のことは誰にもわからないが、2020年12月現在では、その将来性は極めて高いと評価されてる。

 

動画サービスの定番といえば「YouTube」。

YouTubeはGoogleが提供しており、その構造には特にデメリットはなさそうだが、実はGoogleが管理する「中央集権的」な動画プラットフォームとなっているため、コンテンツ配信者の「収益」を会社が搾取していると言わざるを得ない。

また、禁止コンテンツのルールや解釈、いわゆるアカウントの「BAN」の基準に不満を抱くユーザーもいる(以前、まったく問題がないように感じる仮想通貨コンテンツすら、規制の対象になったことがある)。

Theta Networkは、非中央集権型のためこのような中央集権的な動画プラットフォームのデメリットを補うことができると言える。「YouTubeに置き換わる」までは難しいかもしれないが、棲み分けしながら、利用量を増加させていくと期待されている。

 

Theta Fuelの日本上場も?

Theta Networkの「シータ・ラボ」の戦略トップであるウェス・レヴィット氏によると、日本のコンテンツ市場は年間3200億円と大きく、魅力的な市場である。

そのため今後、日本の取引所へのTheta Fuelのホワイトリスト化(金融庁が国内取引所への上場をみとめた仮想通貨のリストへ入ること)を目指している。日本上場が実現すれば、TFUELのさらなる上昇が期待できるだろう。

 

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

Theta Fuel(TFUEL)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Binance 53.51%
Upbit 30.66%
BitMart 14.09%
Gate.io 1.68%
WazirX 0.07%

公式情報

Theta Fuelに設定されているタグ

この記事について