トリガー / Triggers (TRIG) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥18.08
時価総額:
¥0.00
時価総額ランク :
-
24H取引量:
¥0.00
24H変動額:
¥ +0.00
24H変動率:
+0.00%

簡単にまとめると
[+ 編集]

Blocksafeは、銃器へのアクセスを管理するための分散型プロトコルです。 BlocksafeはLisk上でサイドチェーンとして構築されており、Blocksafeシステム内のネイティブ通貨であるTrigger(TRIG)トークンによって駆動されます。

※日本語字幕の表示方法: 設定⚙ → 字幕 → 自動翻訳 → "日本語"を選択

何がすごいのか?
[+ 編集]

Triggersとは、スマートガン(拳銃)を制御するシステム上で使われる仮想通貨。2016年10月に公開されました。

スマートガンは、発砲を許可された本人以外使うことができない拳銃のことです。

これにより、たとえばAさんのみが許可されたスマートガンは、Bさんに盗まれたとしても発砲できません。

アメリカをはじめとした銃社会では、銃の乱射による無差別殺人事件などが社会問題になっています。

親の銃を子供がいたずらで発砲する

警察官から盗まれた銃が犯人により発砲される

拳銃による自殺

といったことも発生しています。

スマートガンや、それを制御するTriggersは、その改善に一役買うのではないかとして期待されています。


  • Triggersはスマートガンを制御可能

スマートガンは今後大きく普及する可能性があります。

そのメリットは大きく、銃にコンピューターを埋め込むことで、

設定しておいた動作をした場合のみしか、引き金のロックが外れない(本人以外はその動作を知らないので発砲できない)

生体認証で本人を識別することで、本人しか発砲できない

自殺防止のため、センサーにより近距離で発砲できない

といった安全な銃を作ることができるからです。

ただし、スマートガンは「サイバー攻撃」の対象になる可能性があります。

特に、特定の企業が運営しているスマートガンのシステムであれば、ハッカーは一社をハッキングするだけで攻撃できてしまいます。

そこでTriggersは、ブロックチェーンを用いて非中央集権的なスマートガンシステムを構築することで、ハッキングに強いスマートガンを実現しようとしています。


  • Triggersの独自トークン「TRIG」の役割

ここまでをお読みになった方は、「スマートガンは有益だけど、なぜ仮想通貨プロジェクトでやる必要があるのか?」と思われるかもしれません。

たしかに、スマートガンの発想そのものは、Triggers以前から存在していました。本人の指輪や指紋などに反応することで認証し、発砲が可能になるというものです。

では、なぜわざわざ仮想通貨を使う必要あるのでしょうか?

それは、非中央集権的なスマートガンシステムを維持するためには、そのシステムの維持に貢献する「マスターノード」に報酬を支払う必要があるためです。

具体的には、マスターノードになるためには一定のTRIGを保有している必要があり、Triggersのマスターノードになると、その後、利息収入を得ることができます。


どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

メンバー一覧

名前 役職
Kevin Barnes Chairman
Duane Jacobsen CEO & CFO
Cameron McBride VP & CLO
Jena Binderup CCO
Emmanuel Rangel CMO

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

アメリカの「銃規制」でニーズ拡大?

「スマートガン」と言われてもピンと来ないのは、僕たちが日本人だということもあるでしょう。

Triggersの主なターゲットは、銃を持つことが許されているアメリカです。

アメリカでは、頻繁に発砲事件が発生し、そのたびに銃の規制の必要性が議論されています。

しかし、すべての銃をいきなり規制することは困難。

そこで、「スマートガン」が何らかの形で取り入れよう、という動きがあるかもしれません。

ピュー・リサーチ・センターによると、アメリカの銃の市場規模はなんと1.7兆円。アメリカだけで、日本人の人口よりも多い「3億丁」の数の銃があります。

スマートガンの市場でTriggersが普及すれば、価格の急騰は間違いありません。


だだしTriggersの実用化には高いハードルも

しかし僕は、実際にTriggersが普及するには非常に高いハードルがあると考えています。

なぜなら、①銃規制が行われる、②Triggersが採用される、という2つのハードルを越える必要があるからです。

そして、①だけでも実現する可能性は高くありません。

なぜなら、アメリカという国家の歴史を考慮すると、個人が銃を持つことには大きな意味があるからです。

まず、アメリカは日本のように単一民族ではないので、同じ国民であっても不信感があります。

そして、民主主義が重んじられているため、「国」だけではなく「個人」も力を持つ権利があることが重要視されています。

いざというとき、国の権力乱用に対して国民が対抗できるよう、銃は規制されるべきではないという考えの人も多いようです。

そうした状況の中、短期間で銃規制が実現することは考えにくいでしょう。


Triggersの復活はある?

こうした背景もあるのか、Triggersは2020年12月現在、大きな進捗をみせていません。

それどころか、取引所は相次いでTriggersを上場廃止しており、投資家はTriggersの取引すら困難な状況になっています。

それまでTriggersの主要な取引所だったBittrexは、2018年1月12日、Triggersを上場廃止にしました。

同年の10月には、世界最大の仮想通貨取引所バイナンスも、Triggersの上場廃止を決定。

Triggersの価格にも決定的な打撃を与えました。

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

公式情報

Triggersに設定されているタグ

この記事について