Equilibria (XEQ) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥8.00
時価総額:
¥2.99億
時価総額ランク :
1464位
24H取引量:
¥656.23万
24H変動額:
¥ +1.54
24H変動率:
+23.76%

簡単にまとめると
[+ 編集]

プライバシーベースのOracle

平衡はMoneroフォークです。トランザクションはプライベートで追跡できません。これは、他のオラクルとの互換性の問題があるため、他のプライバシーベースのプロジェクトにとって非常に重要です。

スケーラブルなエコシステム

Equilibriaのエコシステムのあらゆる側面を、指数関数的に成長してもスケーラブルになるように設計しました。Pythiaの使用が増えると、より多くのOracleノードがネットワークに参加できます。ブロックチェーン業界に大きな影響を与えるために、Pythiaが何千ものOracleコントラクトを処理できることを確認しました。

分散型ガバナンス

  • 誰もがEquilibriaをマイニングできるのと同じように、誰もが独自のOracleノードを実行できます。すべてのOracleノードは、各Oracleサービスに必要なタスクの管理と決定を行う責任があります。中央のエンティティがPythiaを利用してネットワークやブロックチェーンを制御していないことを確認するには、誰でもOracleノードを起動できることが重要です。
  • 略称はXEQとなる。

何がすごいのか?
[+ 編集]

低インフレ/高報酬トケノミクス

Pythiaは、さらなる分散化への高いインセンティブを維持しながら、Equilibriaの供給を安定させるのに役立ちます。つまり、40/40/20に分割された各Pythiaトランザクションには少額の手数料がかかります。Oracle Nodesは、Pythiaから支払われる料金の40%を受け取ります。Pythiaの使用が増えると、Oracleノードを実行するROIも向上します。ROIが高くなると、Oracleノードを実行するインセンティブが大きくなり、ネットワークの安全性が高まります。排出率を相殺することによって供給を安定させるのを助けるために、料金のさらに40%が燃やされます。料金の残りの20%はチームに送られ、長期的にプロジェクトに資金を提供します。

用途の広いデザイン

EquilibriaのオラクルであるPythiaは、ほぼすべてのブロックチェーン問題の解決策を提供することができます。データをブロックチェーンに取り込むことは困難ですが、他のブロックチェーンがネットワークプロトコルを分散化するのを支援することはさらに困難です。Pythiaは用途が広いため、価格データからガバナンスに至るまでの問題を抱える他のブロックチェーンを支援できます。2021年初頭から、PythiaはETHやDOTなどの他のブロックチェーンタイプと互換性を持つようになり、そのサービスを暗号エコシステム全体に提供できるようになります。

オープンソース

チームの作業は、誰でも監査または貢献できるようにアクセスできることが重要です。2021年1月には、貢献するインセンティブを追加することで開発をスピードアップするための報奨金プログラムが開始されます。

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況 github logo

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

メンバー一覧

名前 役職
Harrison Hesslink Developer/Founder
Thomas D. Parker Business Development

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

Equilibria(XEQ)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
TradeOgre 100%

公式情報

Equilibriaに設定されているタグ

この記事について