Uniswap (UNI) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥4169.12
時価総額:
¥2.16兆
時価総額ランク :
11位
24H取引量:
¥1318.35億
24H変動額:
¥-430.7110
24H変動率:
-9.36%

簡単にまとめると
[+ 編集]

  • イーサリアムでの自動トークン交換のためのプロトコルです。 2018年11月2日にリリースされました。
  • Uniswapは、ERC20トークンを交換するためのシンプルなスマートコントラクトインターフェイスとして自身を説明しています
  • 流動性準備金をプールするための正式なモデルがあります
  • トレーダーや流動性プロバイダー向けのオープンソースのフロントエンドインターフェースとして機能し、無料の分散型資産交換の提供に取り組んでいます
  • 略称はUNIとなる

何がすごいのか?
[+ 編集]

  • Uniswapが既存のDEXと違うのは、ETH/USDCやETH/BATの様に、誰でもETH/ERC20トークンというペアの流動性を提供する事が出来る上、トークンペアが無かった場合には新規追加も可能な点
  • 更にUniswapの仕様は変更不可能であり、製作者でさえもルールを変更する事は出来ません。そのため資産を取り出す事は出来ません。何人も拒まない”只の道具”の様に動作する事です

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

これまでの実績
[+ 編集]

暗号資産取引所に上場したのは2020年9月の事。チャートによる情報は少ない為、分析は難易度が高めになります。

今後の将来性は?
[+ 編集]

Uniswap/UNIの将来性は、現状だと右肩上がりの分散型取引所の取引高がこのまま続くのか?が焦点です

誰もが安全な取引所で、格安の手数料で自由な取引ができる利点は多い半面で、懸念されるデメリットもあります

分散型取引所は、仕組み上、他の取引所にあるような「本人確認」や「年齢制限」がありません

したがって、どこの誰と売買しているのが不透明かつ、政府によって完全な管理下に置けないといった問題があります

例えば、犯罪目的の換金などマネーロンダリングへの懸念も高いです。自由で安全な取引所に対して、世間的な信頼感をどのようにして築き上げるのかが課題として考えられます

一般的に、信頼できる取引所は国内であれば金融庁から認可を受けますから、新しい法規制を作る必要が出てくるでしょう

とは言え、海外では需要が高いものの、日本ではマイナー。まずは利用者が増加するのかに注目です


また、競合のサービスが出てきた時に、Uniswapが現在と同じ様に大きなシェアを持っているか?については疑問点が残ります。

UniswapはDEXにAMMを持ち込み、流動性の問題を解決したとして大きなシェアを獲得しましたが、コピー品のようなプロトコルが出てくるのが、仮想通貨業界です。

実際に、UniswapはUniswapを模倣したSushiSwapに一時期シェアを取られていました。

背景として、SushiSwapがLPにSUSHIトークンを導入し、新たな付加価値をつけた状態のAMM・DEXをリリースし、SushiSwapにユーザーが移ったためです。

現状では、大きな規模を持っているUniswapですが、AMMのDEXの将来性が明るかったとて、必ずしもUniswapがこれからもシェアを握り続けるとは限りません。

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

Uniswap(UNI)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Coinbene 39.33%
Huobi 14.5%
Binance 14.11%
OKEx 12.82%
HitBTC 6.13%

公式情報

Uniswapに設定されているタグ

この記事について