Wanchain (WAN) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥85.78
時価総額:
¥150.51億
時価総額ランク :
260位
24H取引量:
¥2.84億
24H変動額:
¥ +0.5636
24H変動率:
+0.66%

簡単にまとめると
[+ 編集]

仮想通貨 Wanchain(WAN)とは

Wanchainは、銀行間をつなげることが可能な金融プラットフォームであり、中国版のリップルと言われています。

XRPは、独自ネットワークで銀行間をつなぐことにより、独自のネットワークを使用した送金においては、非常に安価な値段で取引を終了させることが可能です。

また、XRPにおいては、XRPそのものがブリッジ通貨となり得るため、法定通貨や仮想通貨の垣根を越えた取引を行うことができるでしょう。

対してWanchainは、クロスチェーンと呼ばれるシステムにより異なる通貨のブロックチェーンのデータをつなげることを可能にしています。

加えて、Wanchainでは、プライベート保護機能があり、取引における送金者をデータ上から追跡できなくすることが可能です。

その為、XRPと比較した場合、Wanchainはより個人的な取引に対してメリットを持っていると言えます。

Wanchainは、銀行間取引の金融プラットフォームであり、リップル社のプロジェクトは現状では国際送金における金融プラットフォームで、XRPはその通貨です。

ちなみに、リップル社の最終目標は価値のあるネットワークを提供することにあり、現在注目されているリップルネットもリップルの目標達成のための過程の一つに過ぎません。

リップルとWanchainは、似ている部分も少なからずありますが、最終的な目的が異なるため、競合したうえでもうまく住み分けることが可能といえるでしょう。






※日本語字幕の表示方法: 設定⚙ → 字幕 → 自動翻訳 → "日本語"を選択

何がすごいのか?
[+ 編集]

どんな技術か?
[+ 編集]

Wanchain(WAN)の特徴

Wanchainは個人間の取引においては他の仮想通貨より優位にたてる特徴が複数あります。


クロスチェーン

Wanchainの最大の特徴は、クロスチェーン機能を有していることにあります。

クロスチェーン機能を使用すると、異なる取引所や金融機関などのあらゆるシステムの垣根を越えたデータのやりとりが可能となります。


スマートコントラスト

Wanchainは、契約情報をブロックチェーン上に記録し、自動化するスマートコントラクト機能も有しています。

つまり、契約に関する金融機関のあらゆる金銭的なやりとりなどはWanchainのみで完結することが可能です。


匿名性

Wanchain の送金機能については、優れた匿名機能を有していると言っていいでしょう。

例えば、複数の署名者によって送金先や受け取り先を第三者からは読み取れなくするリング署名や受取に際しては、ワンタイムアドレスを使用することも可能です。

リング署名やワンタイムアドレスに加えて、Wanchainでは複数人の送金をひとまとめにして送金することで、どのアドレスからどのアドレスに対し送金されたのかを隠すことができる、プライベートセンド機能もあり、匿名通貨並みにプライベート機能が充実しています。

そのため、送金や受け取りに際してプライベートな情報を他人に知られたくない場合には、 Wanchain は非常に有効な仮想通貨だと言えるでしょう。

開発状況 github logo

  • スター : 276
  • フォーク : 81
  • ウォッチャー : 71
  • イシュー : 5
  • コントリビューター : 2
  • 1ヶ月のコミット : 1

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

メンバー一覧

名前 役職
David Johnston Advisor
Jack Lu CEO & Founder
Ying Zhang Director of Infrastructure Development
Oliver Birch Vice President of Communications and Growth
Albert Ching Advisor

経営陣インタビュー

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

今後の将来性

Wanchainの将来性に目を向けてみると、2018年内でもイーサリアムやビットコイン建てで他アルトコインやウォレット間でのクロスチェーン取引対応を予定しており、その後も様々なウォレットとの統合も予定されています。

また、開発企業であるWanglu TechのCEOルー氏は、中国政府や仮想通貨市場の状況を見たうえでWanchainの開発を行っていくことを表明しています。

ちなみに、Wanchainの開発においては、自社内だけの開発に留まらず、世界的に有名なエンジニア・専門家の力を借りて長期的な開発を行うことも表明しており、仮想通貨の中でもWanchainの開発力は優れたものと位置づけられるでしょう。

Wanchainは、開発状況や機能性から将来性のある仮想通貨の一つと言えます。

その為、Wanchainの価値の動向にも目を光らせつつ、どのような提携を行っていくのか注視する必要があります。


まとめ

Wanchainは、銀行間取引を総合的に加速させる金融プラットフォームです。

リップルと似た側面もあり、比較対象となることも少なくありません。

しかし、リップルとWanchainでは、プライベート機能などの優位点が異なり、住み分けははっきりと分かれることになるでしょう。

その為、Wanchainの今後の展開次第では仮想通貨市場に対して強い影響を与えると言えるでしょう。

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

Wanchain(WAN)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Wanswap 54.06%
Binance 29.19%
Bitrue 5.71%
Huobi 5.19%
DragonEX 2.42%

資金調達の状況

累計調達額 : 0.0000円

調達ラウンド 調達額 リード投資家 日時
Seed Round 不明 2018/9
Seed Round 不明 2017/10
Initial Coin Offering 不明 2017/9

投資家一覧

投資家 参加ラウンド
Connect Capital Initial Coin Offering
8 Decimal Capital Seed Round
Kingsley Advani Seed Round
Limitless Crypto Investments Seed Round
Cypher Capital Seed Round

公式情報

Wanchainに設定されているタグ

この記事について